求人 アルバイトから正社員まで 求人情報ならシゴトサンキュー

 
新規登録  

悩み ☆ アドバイス ☆ コメント
ペーターさんの悩み
「この仕事は合わない」「向いてない」と自分で思ってしまって、仕事をコロコロと変えてしまいます。
自分にあった仕事がなかなか見つからず焦っています。また、仕事をコロコロと変えていることを面接官からも指摘されます。

本当に向いている仕事で働けることってあるのでしょうか?




5件のアドバイス中 1~5件を表示
coccoさんのアドバイス
たとえば、本物の調理人になりたいという夢がある。
50歳くらいにその結果がでれば良いと自分で設定している。
色々な料理と出会うため、「日本料理屋」「イタリアン」「中華料理店」など色々なお店で働き見聞を広げる。

このような場合だとコロコロ仕事を変えても意味があると思います。
あなたの場合はどうですか?
評価:1

GONGさんのアドバイス
>本当に向いている仕事で働けることってあるのでしょうか?
仕事に問題があると思っていますか?それとも自分に問題があると思っていますか?

本当に向いている仕事で働いている人は逆に「幸せ」だと思います。
合うか合わないかも確かにありますが、しかし仕事をしっかりこなせるよう努力を重ね経験をつみ、そうすることでやりがいが生まれると思います。
やりがいがでれば仕事が楽しくなるし、いくらでも「自分にあった仕事」にできると思います。

あなたの具体的な職歴はわかりませんが、まずは自分を高めるために何が必要か、自分のスキルを高めるためにはなにが必要かを考えたほうが良いと思います。
そうしないと全て中途半端になってしまいますよ。
評価:1

shibaさんのアドバイス
少なくとも3年は働かないと、その仕事に対しては何も言えないですよ。
評価:

ひとちゃんさんのアドバイス
どれくらいの頻度で仕事を変えていますか?
あなたは今何歳ですか?

今のうちは仕事が見つかるけれど、そのうち年齢制限に引っかかってどこも雇ってくれなくなりますよ!
評価:

あつしさんのアドバイス
仕事が合うか合わないかは自身が決めることではないです。
合うか合わないかは「他人」が決めるものです。

どれくらいの頻度でコロコロ変えているかわかりませんが、読んだ限りの印象ではあなた自身に問題があると思います。

失礼な言い方になりましたが。。。
評価: