応募時のマナー、アルバイト 求人 シゴトサンキューでアルバイト、求人募集情報

応募時のマナー、アルバイト・正社員求人情報サイト【451039】|シゴトサンキューでは、アルバイト・求人募集情報を多数掲載
新規登録  
応募時のマナー
ウェブ応募で気をつけることは?
ウェブ応募は、電話のように連絡の時間帯によって企業に迷惑をかける心配がありません。非常に便利ですが、企業への応募意思を伝え、「面接の予約をする」という意味では、大変重要です。 実際に企業は、面接の前に応募された情報を見て、応募者を振るいにかけているとも言えます。PR欄等で、自分の応募意思を正確に伝えましょう。誤字・脱字にも注意しましょう。
◆PR欄で自分をアピール
自分の長所、仕事への意欲、これまでの経験等をアピールできる項目です。企業はこの部分を大切に考えます。よく考え、詳しく簡潔に書きましょう。PRの書き方次第で大分印象が変わってきます。良い印象を採用担当者に与える為にも大切です。
◆連絡がとりやすい連絡先を記入
ウェブ応募のあとは応募先からの連絡がくるようになっています。その際に使用する連絡先には、連絡がとりやすいものを記入しましょう。特に携帯電話以外の場合や希望連絡時間帯がある場合にはその旨を、PR欄に備考内容としてしっかり記入しましょう。また、メールアドレスが間違っていると企業からの連絡が届きません。間違いがないか再度確認しましょう。
◆企業との連絡
応募先からの連絡がメールできた場合、速やかに返信をしましょう。返信が早ければ早いほど、採用担当者には好印象を与えられます。また企業は、返信メールの内容を読んでメールでのビジネスマナーがどの位あるかも把握しているのです。しっかりと返信するようにしましょう。
企業に電話連絡をする際に気をつけることは?
電話応募をするということは、企業への応募意思を伝え「面接の予約をする」第一歩となるわけですが、顔が見えないからこそ第一印象が大切です。顔が見えないからこそ丁寧な対応をして、採用しても良いと思わせるようにしましょう。また電話連絡は、応募後できるだけ早いタイミングが有利です。場合によっては定員に達し、面接が終了する可能性もあるからです。 言いたいことを整理し、採用担当者への好感度をアップする為にも、下準備を念入りにしましょう。
◆電話をする時間帯
電話をかける時間は大抵、お昼と会社の就業間際以外の時間が望ましいと言われています。会社の忙しい時間帯を避け、電話をかけるようにしましょう。
◆最初の自己紹介が大切
自己紹介をしっかりしましょう。
例:「私○○(自分の名前)と申します。シゴトサンキュージャパンで御社の求人広告に応募させていただき、電話させていただいたのですが、 採用担当の方(担当者名様)はいらっしゃいますか?」
◆応募情報を正確に伝える
会社は複数の求人情報を掲載している場合があります。どの求人情報を見て電話をしたのかをはっきり伝えましょう。
例:「○○(仕事名)についてアルバイト(正社員)の応募をさせていただいたのですが、 募集はまだ受け付けておられますか?面接をお願いすることは可能でしょうか?」
面接日時の確認
面接を受けさせてもらえる確認ができたら、面接日時について質問しましょう。
例:「では面接にうかがいたいのですが、ご都合の良い時間などはあるでしょうか? わかりました。ありがとうございました。では○日○曜日○時に、おうかがいいたします。 よろしくお願いいたします。失礼いたします。」